スウェディッシュオイルトリートメントとは?



〜歴史〜

スウェーデンにおいてマッサージを進展させ広めた

バー・ヘンリック・リン(1776~1839)

生物学者・体操指導者。

「スウェーデン体操の父」としても知られている。



1800年代、スウェーデンがロシアとの戦争に負け、全ての国民がやる気と活気を失っていた時に、


「人の手によるふれあい、スキンシップを通じてだれもができるエネルギーの交換と運動機能を向上させる」


マッサージを考案。人々の身体に対する問題にこたえてきた。



【人間はバランスが保たなければならない】


身体の内外のバランスと様々な筋肉質感でのバランスを意味。

リン氏は、健康になる為に身体のエネルギーのバランスをよくすることを推奨していた。


リンの名は、しだいにスウェーデンと外国の両方で知られるようになり、リンの生徒の多くが世界中をまわり、彼のメッセージを広めた。アメリカでは大きな関心を呼び、多くの優れた医者たちがリンの方法に興味を抱いた。そして沢山の人がストックホルムに訪れ、リンや彼の後継者たちのもとで学んだ。


現在のオイルマッサージの原点

彼の体操の一環として開発された健康回復、保持、増進を目的としたオイルマッサージです。





〜スウェディッシュマッサージとは〜

心地よいオイルマッサージにより、いかに人間が苦痛を感じることなく、健康を維持し、生命力や免疫力を高めていけるかを学問として構築した理論と技術です。


現在欧米で広く行われているアロマオイルマッサージの原点ともいわれています。


世界ではマッサージ=スウェディッシュというくらい一般的なマッサージになっています。



スウェディッシュマッサージには、


•効果の高い全身マッサージ【クラシック】


•受け手の方に合わせてバランスの崩れた筋肉を選び、ストレッチを含んで集中的にケアを行う

【筋肉療法(スポーツマッサージ)】


があります。





〜スウェディッシュマッサージの特徴〜

マッサージでもっとも重要な効用のひとつは、『予防効果』

すなわち健康維持にあります。

*マッサージそのものが病気自体を癒すわけではありません。


マッサージが血液循環に及ぼす影響はすでに現在ではよく知られています。


血液の循環は身体のあらゆる機能のカギを握っており、組織に必要な栄養素や酸素、ホルモンを供給しています。

血液循環を通して『老廃物』などが身体の組織から運び出され、身体が楽に動く様になります。


身体が良いコンディションでいられるためには血液の循環と免疫力を高めることがとても重要になります。



•肌に負担のかからない程度での少量のオイルを使用。表層の筋肉、深部の筋組織まで丁寧に刺激を与え、ストレッチ効果をもたらし、毛細血管を活性化させる。

•深い睡眠を誘発し、健康の保持・増進につながり、予防医学として用いられる。


•施術者の身体を壊すことなく、いかに受け手に喜びを与えるか。


•正しい施術姿勢・アプローチしたい筋肉(解剖学)を理解。


筋肉をしっかりつかんで施術するので、一般的なオイルマッサージ特有の物足りなさがない。


•全てのボディケアに共通。人の肌に直接触れることにより、安心ホルモンと言われる『オキシトシン』の分泌を促す。

『オキシトシン』・・・安心ホルモン・安らぎホルモン・愛情ホルモン



スウェディッシュオイルトリートメントは、恵比寿Mind_Body でもご体験いただけます。


メニュー

  • 60分 ¥10,800- (ストレッチ30分+トリートメント30分)
  • 90分 ¥16,200-(ストレッチ30分+トリートメント60分)


恵比寿Mind_Body は、恵比寿駅から徒歩1分の好立地!


お申し込みはこちら


お問合せフォーム「件名:その他」より「トリートメント希望」

 とご記入ください。

0コメント

  • 1000 / 1000