減量は数学です。

何の為に減量をするか?

どうなりたいのか?

減量に偶然はありません。全て計算通りです。


私がボディバランスを保つ上で一番大切にしているのは、具体的な理想像を思い描くこと。

目的はただ一つ。ベストな状態で踊り続けること!


歳を重ねる毎に、体力は低下します。これは紛れもない事実です。

しかし体力低下の原因さえ分かれば、それに対応すれば良いのです。


その対応の一つが、トレーニングをすること。

1年毎に1%筋力が低下します。10年後は10%筋力が低下します。

今からトレーニングを始めれば、現状維持は可能となります。

今年の5月より、恵比寿Mind_Body に勤務し、身体の知識が豊富なトレーナー陣に囲まれて生活しています。日常会話そのものが勉強です!



疲れている時こそ筋トレをする

えーっ?と思う人のお気持ち、よく分かります!以前の私がそうでしたから。


筋トレの良いところは、種目も重さもその日の状態で選ぶことが可能。

「自重」といって重い負荷をかけず、ご自身の体重の重さを活かして身体を動かす事も、非常に良いトレーニングです。身体を動かすと血流が良くなります。滞っていた疲労物質が循環し、結果身体を良い状態に導きます。


それでも気持ちが乗らない時は、

エッセンシャルオイルの力に頼る

柑橘系やスパイシーな香りは、気持ちを明るくしアクティブになるサポートをしてくれます

私が毎日愛用している「スマート&サシー」

グレープフルーツ、レモン、ペパーミント、ジンジャー、シナモンなどがブレンドされています。

気力や気合いというより、優雅な気持ちで心地よくなると、効率の良いトレーニングが出来ます。私は必ず好きな香りを身に纏い、気に入ったお稽古着を着用しています!これは本当に大切!!



脂肪1キロ落とすのに、7,200キロカロリー消費する必要がある


7,200キロカロリー消費を運動に例える


30分のランニングを300キロカロリー消費の計算で考えると、


30分ランニングを24回する必要があります。



絶対的な運動量が必要になりますが、私たちには様々な代謝があります。


基礎代謝
活動代謝
食事性誘発熱


筋肉は基礎代謝をあげます。基礎代謝は寝ている時も活動しています。筋肉があると、何もしなくても自動的に燃焼しやすい身体となります。


また、負荷をかけたトレーニングでは、実は運動後に、身体が活発な代謝を引き起こします。


有酸素運動で脂肪を燃焼する方法。

筋トレで、運動していないときも燃焼してくれる良い身体にする方法


食事内容を少し見直し、身体を作る素材となる栄養のあるものを選ぶ習慣を身につける方法。



こうなりたいという具体的な姿のイメージを持って、計算すれば、そうなります!


その反対を考えると、すぐに落ちる体重がいかに危険かも分かります。


私達が生きる上で必要な栄養素や水分が失われているだけ。体重が落ちても決して健康的でも美しくもありません。


心身健康で美しく、やりたい事にチャレンジする精神。

喜んでお手伝いさせていただきます!!


Yuki's Body Work

ダンサーのためのアロマトリートメント

0コメント

  • 1000 / 1000